Movable Type 6.06 からアップグレードした。

今までのサイトのデータベースをダウンロードする。

phpMyAdmin のデータベースの、オーバーヘッドを「テーブルを最適化します。」を実行する。
ダウンロードしたファイルをエディタで開いて、

/home/sites/heteml/users52/a/l/l/account/web/site_name
を必要に応じて
/home/account/www/site_name
置換しておく。
管理者用メールアドレスも必要なら編集する。

適切な名前を付けて保存。

zip で圧縮する
hoge_site.sql の場合、hoge_site.zip と成るので、hoge_site.sql.zip とリネームしておく。
それを、新規サーバのデータベースにインポートする。

今までの構築済みサイトを、そっくりアップロードしておく。
これも、サイト全部を zip で圧縮しておいて、アップロードしておく。
サーバ上で展開する。

mt ディレクトリを消しておいて、ダウンローしておいた MT-6_2.zip をサーバーにアップロード、展開して mt にリネーム。

.cgi ファイルのパーミッションを 705 等にする。

http://mysite/mt/ で管理画面に入る、インスタンスと言うか痕跡が災うので、ユーザー名とパスワードは、前に使用していたのを、そのまま使うのが良いみたい。

システムから、設定 → 全般 全般設定 → 公開パス などを確認しておく。
アップロードの項目で、アップロード先 <ブログパス>/images 等と入れておくと、画像を記事に入れる時に便利。

参照 phpMyAdminでMySQLデータベースのエクスポートとインポート
    phpMyAdminでのサーバ間データ移行
    phpMyAdminを使って、MySQLデータベースのオーバーヘッドを最適化

サーバーその物を移設して、色々引っ掛かってしまっていた。

ようやく解決したので以前からアップデートしようと思っていたので、取りあえず Movable Type 6.2 にアップデートした。

Movable Type 6.2 リリースノート

Movable Type 個人無償版ダウンロード

以前から色々とカスタマイズしていたのが動かない、取りあえず外して、これから落ち着いて対応してみよう。

float.PNG画像の位置を左寄せで表示した、文書が右に回り込む。

SyntaxHighlighter を使うと、ちょうど画像の位置に掛かり、ソースの部分が食い込んで表示されてしまう。

style="clear:left;" とすると、画面全体のスタイルが崩れてしまう。
仕方が無いので、画像の表示を単体で表示して、右側は間が開く状態にした。

g+b.PNG

ブログパーツで、Google+ をガジェットで表示していた。

SocialStatistics を使っていたが、止まってしまって、代わりになるのを探した。ブログパーツで、Google+ をガジェットで表示していた。

SocialStatistics を使っていたが、止まってしまって、代わりになるのを探した。

「Google+ バッジ」が有った。

/mt/mt-static/themes-base/blog.css に

# g-person {
     margin: 0px auto 0px auto;
     width: 180px;
     height: auto;
}

を加筆する。

MT 管理画面から、デザイン → ウィジェット → ウィジェットテンプレート、「ウィジェットテンプレートの作成」をクリック

<mt:If name="main_index">
<div id="g-person">
<div class="g-person" data-width="180"
data-href="//plus.google.com/u/0/**************"
data-rel="author">
</div>
</div>
</mt:If>

名前を付けて、適当な位置に配置する。
data-width はサイドバーの幅以内で適当な値、*********** は自分の Google+ ページでの
https://plus.google.com/***********/posts を使用する。

デザイン → テンプレートモジュール → HTMLヘッダー に
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js" async defer>
    {lang: 'ja'}
</script>

を貼り付ける。

Movable Type 6.0.3 で SyntaxHighlighter と CKEditor を使う。
色々と災って、上手く動かない場合があるので、以下の様にします。

1)CKEditor1.075のプラグインを削除します。
2)mt-staticのpluginディレクトリに入れたCKEditorも削除します。
3)TinyMCEを有効にして、投稿画面に本文欄が表示されるかを確認します。
4)再度、TinyMCEをオフにして、CKEditor1.075をインストールし直します。
5)TinyMCEをオフにします。
6)CKEditor1.075を有効にします。
7)投稿画面で、本文欄が表示されていると思います。

ckeditor-for-mt-download.zip を https://github.com/usualoma/ckeditor-for-mt
からダウンロードします。

/mt-static/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに mt-static/plugins/CKEditor
/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに plugins/CKEditor

TinyMCE は デフォルトで入っているので、「TinyMCEをオフ」が分かりづらい。
ログインする画面の状況によりますが、ブログ管理画面からの場合では、
画面左上にある「Movable Type」にポインタを合わせ、クリックして「ユーザーダッシュボード」を表示します。「ユーザーダッシュボード」の左頭の▼をクリックしてプルダウンされた、「システム」をクリック。

左カラムの「ツール」→「プラグイン」で「TinyMCE」を見つけて、「無効」のボタンをクリック。

投稿画面の、記事本文にペーストが面倒。取りあえず TinyMCE の方が便利かな~

mt.PNG

参照 ALLER's Site SyntaxHighlighter + CKEditor for Movable Type

「クロスサイトスクリプティング(XSS)が発生する可能性」で、何時もの事ながら他の事に気を取られていて、やっとアップデート。

契約プロバイダを変更して、データのやり取りは早くなっていたが、とにかく量が多いので、結局 ZIP してアップロード。

mt 本体、その他に
/mt/mat-static/plugins  CKEditor  SyntaxHighlighter
/mt/plugins  SyntaxHighlighter

手順がハッキリしていないので、手間取ってしまう。
メモを取っているが、細かくしないと、忘れている、今回はしっかり作業メモ作ろう。

Medium

| コメント(0) | トラックバック(0)

自分のブログサイトに Medium をサイドバー・ガジェットとして使う。
medium の自サイトを開き、右上の <> (Embed profile) アイコンをクリック

me1.PNG

Embed this Profile のページに入る、Learn more. をクリックして概略を把握する

me2.PNG

<script async src="https://static.medium.com/embed.js"></script>
<a class="m-profile" href="https://medium.com/@redonc">aller</a>

これを貼り付ければ OK なのだが、https://static.medium.com/embed.jsから、220 を検索

var z = {o:"profile", n:"collection", q:"story"};
y.prototype.j = function(a) {
  var b = a.data && a.data.split("::");
  b && "m" == b[0] && b[1] == this.i && a.origin == this.k && (a = "display: block;max-width: 100%;min-width: 220px;padding: 0;position: static;visibility: visible;", "false" !== this.g.getAttribute("data-border") && (a += "border-top-left-radius: 5px;border-top-right-radius: 5px;border-bottom-right-radius: 5px;border-bottom-left-radius: 5px;border-color: #eee #ddd #bbb;border-width: 1px;border-style: solid;box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.15) 0px 1px 3px;"), this.h.setAttribute("style", a), this.h.setAttribute("height", 
  b[2]));
};

自分サイトのサイドバー・ガジェットは 190px なので 150行の min-width: 220px; を 190px に修正
修正したファイルをサイト・サーバにアップ Movable Type の管理画面で、新規ウィジェット Medium を作る

<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Page">
    <h3 class="widget-header">Medium</h3>
    <div class="widget-medium">
	   <script async src="http://midforce.net/path/embed.js">
	   </script><a class="m-profile" href="https://medium.com/@redonc">aller</a>
    </div>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>

これで OK

SyntaxHighlighter の動きが変なので、CKEditor を停止して様子を見ようと思い、設定を変更。
ところが新規記事の制作で何も反応しなくなった。
他にも動きが変、再インストールしようと思い、調べたら 6.0.2 に成っていた。
ちょうど良い機会なので、そっくりアップした。

例によって、あちこち変更とか修正とか忘れて、様子を見ながら手を入れて、取りあえずOK。

SyntaxHighlighter の動きが変なので、CKEditor を停止して様子を見ようと思い、設定を変更。
ところが新規記事の制作で何も反応しなくなった。
他にも動きが変、再インストールしようと思い、調べたら 6.0.2 に成っていた。
ちょうど良い機会なので、そっくりアップした。

例によって、あちこち変更とか修正とか忘れて、様子を見ながら手を入れて、取りあえずOK。

SSH の使い方を忘れてしまった、mintty を入れ直してみて、様子を見る。

http://sourceforge.net/projects/mingw/files/Installer/mingw-get-inst/
から mingw-get-inst-20120426.exe をダウンロード
のはずが、ファイルが無く、setup.exe とかに成っている。

バックアップから復元して、LINUX コマンドでサイトを復元した。
普通の FTP では量が多すぎて、途中で途切れてしまう。

MINGW32
ssh hoge@ssh**.heteml.jp -p 2222
************
cd web
ls -a
cd midforce
$ zip -r midforce.zip ./midforce/

「ATOK Pad」とは、簡単操作で表示でき、ATOKと連携して入力できるメモツールです。
複数のメモを作成でき、入力したメモをTwitterにツイートしたり、Evernoteとメモを同期することができます。

面白そうなのでインストールしたい、と思ったら ATOK がインストールしていないと動かない。
ATOK 懐かしい、三十年以上前には使っていた。FEP と云うことで、他にも VJE WXG 松茸 など、意味も無く各種そろえて、遊んでいた。

今は、日本語に拘りを持つ、文学系・作家の人達に愛用されているらしい。
ATOK を取りあえずインストールして、早速試してみると、面白いようにサクサク使える。
さすが、期待を裏切らない。

本題の、ってコスト的には本末転倒に成ってしまうが、ATOK Pad をインストール。これが少し分かりづらい。
Win7 ATOK 2014 で使いたい場合では、ATOK Pad for Windows [ベータ6] からダウンロードしてインストールする。
これが 苦手な Evernote と連携している、したく無ければそれでも良いみたいだけど。Evernote が話題になり始めの頃、アカウントを多く使って、ゴチャゴチャにしてしまって、あと字体と画面のレイアウトがどうも自分の感性に馴染まない。

取りあえず、便利かどうか使ってみよう。

atok1.PNG atok2.PNG

ImgBurn_2.5.8.0

| コメント(0) | トラックバック(0)
ImgBurn を説明しているページは色々有るが、Fileforum のページから SetupImgBurn_2.5.8.0.exe をダウンロードする。
 
imgburn1.jpg
 
他の所からでは imgburn-2.5.8.0.exe で、結局上手く行かなかった。
実行すると何か聞いてきたりするが、取りあえず全部 OK または YES で進める。セキュリティソフトは実行したままにする。
 
日本語化工房 からファイルを取りこんで、Languages フォルダ内にコピーして日本語化する。
hao123  speedpc なんとか は後でアンインストールする。
 

ジオターゲティング

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

Medium

Recommend

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2
  

最近のコメント

アイテム

  • float.PNG
  • g+b.PNG
  • mt.PNG
  • atok2.PNG
  • atok1.PNG
  • me2.PNG
  • me1.PNG
  • imgburn1.jpg
  • fb-Gplu.PNG
  • creative.PNG

Hatena