Movable Type 6.06 からアップグレードした。

今までのサイトのデータベースをダウンロードする。

phpMyAdmin のデータベースの、オーバーヘッドを「テーブルを最適化します。」を実行する。
ダウンロードしたファイルをエディタで開いて、

/home/sites/heteml/users52/a/l/l/account/web/site_name
を必要に応じて
/home/account/www/site_name
置換しておく。
管理者用メールアドレスも必要なら編集する。

適切な名前を付けて保存。

zip で圧縮する
hoge_site.sql の場合、hoge_site.zip と成るので、hoge_site.sql.zip とリネームしておく。
それを、新規サーバのデータベースにインポートする。

今までの構築済みサイトを、そっくりアップロードしておく。
これも、サイト全部を zip で圧縮しておいて、アップロードしておく。
サーバ上で展開する。

mt ディレクトリを消しておいて、ダウンローしておいた MT-6_2.zip をサーバーにアップロード、展開して mt にリネーム。

.cgi ファイルのパーミッションを 705 等にする。

http://mysite/mt/ で管理画面に入る、インスタンスと言うか痕跡が災うので、ユーザー名とパスワードは、前に使用していたのを、そのまま使うのが良いみたい。

システムから、設定 → 全般 全般設定 → 公開パス などを確認しておく。
アップロードの項目で、アップロード先 <ブログパス>/images 等と入れておくと、画像を記事に入れる時に便利。

参照 phpMyAdminでMySQLデータベースのエクスポートとインポート
    phpMyAdminでのサーバ間データ移行
    phpMyAdminを使って、MySQLデータベースのオーバーヘッドを最適化

float.PNG画像の位置を左寄せで表示した、文書が右に回り込む。

SyntaxHighlighter を使うと、ちょうど画像の位置に掛かり、ソースの部分が食い込んで表示されてしまう。

style="clear:left;" とすると、画面全体のスタイルが崩れてしまう。
仕方が無いので、画像の表示を単体で表示して、右側は間が開く状態にした。

g+b.PNG

ブログパーツで、Google+ をガジェットで表示していた。

SocialStatistics を使っていたが、止まってしまって、代わりになるのを探した。ブログパーツで、Google+ をガジェットで表示していた。

SocialStatistics を使っていたが、止まってしまって、代わりになるのを探した。

「Google+ バッジ」が有った。

/mt/mt-static/themes-base/blog.css に

# g-person {
     margin: 0px auto 0px auto;
     width: 180px;
     height: auto;
}

を加筆する。

MT 管理画面から、デザイン → ウィジェット → ウィジェットテンプレート、「ウィジェットテンプレートの作成」をクリック

<mt:If name="main_index">
<div id="g-person">
<div class="g-person" data-width="180"
data-href="//plus.google.com/u/0/**************"
data-rel="author">
</div>
</div>
</mt:If>

名前を付けて、適当な位置に配置する。
data-width はサイドバーの幅以内で適当な値、*********** は自分の Google+ ページでの
https://plus.google.com/***********/posts を使用する。

デザイン → テンプレートモジュール → HTMLヘッダー に
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js" async defer>
    {lang: 'ja'}
</script>

を貼り付ける。

Movable Type 6.0.3 で SyntaxHighlighter と CKEditor を使う。
色々と災って、上手く動かない場合があるので、以下の様にします。

1)CKEditor1.075のプラグインを削除します。
2)mt-staticのpluginディレクトリに入れたCKEditorも削除します。
3)TinyMCEを有効にして、投稿画面に本文欄が表示されるかを確認します。
4)再度、TinyMCEをオフにして、CKEditor1.075をインストールし直します。
5)TinyMCEをオフにします。
6)CKEditor1.075を有効にします。
7)投稿画面で、本文欄が表示されていると思います。

ckeditor-for-mt-download.zip を https://github.com/usualoma/ckeditor-for-mt
からダウンロードします。

/mt-static/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに mt-static/plugins/CKEditor
/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに plugins/CKEditor

TinyMCE は デフォルトで入っているので、「TinyMCEをオフ」が分かりづらい。
ログインする画面の状況によりますが、ブログ管理画面からの場合では、
画面左上にある「Movable Type」にポインタを合わせ、クリックして「ユーザーダッシュボード」を表示します。「ユーザーダッシュボード」の左頭の▼をクリックしてプルダウンされた、「システム」をクリック。

左カラムの「ツール」→「プラグイン」で「TinyMCE」を見つけて、「無効」のボタンをクリック。

投稿画面の、記事本文にペーストが面倒。取りあえず TinyMCE の方が便利かな~

mt.PNG

参照 ALLER's Site SyntaxHighlighter + CKEditor for Movable Type

「クロスサイトスクリプティング(XSS)が発生する可能性」で、何時もの事ながら他の事に気を取られていて、やっとアップデート。

契約プロバイダを変更して、データのやり取りは早くなっていたが、とにかく量が多いので、結局 ZIP してアップロード。

mt 本体、その他に
/mt/mat-static/plugins  CKEditor  SyntaxHighlighter
/mt/plugins  SyntaxHighlighter

手順がハッキリしていないので、手間取ってしまう。
メモを取っているが、細かくしないと、忘れている、今回はしっかり作業メモ作ろう。

Medium

| コメント(0) | トラックバック(0)

自分のブログサイトに Medium をサイドバー・ガジェットとして使う。
medium の自サイトを開き、右上の <> (Embed profile) アイコンをクリック

me1.PNG

Embed this Profile のページに入る、Learn more. をクリックして概略を把握する

me2.PNG

<script async src="https://static.medium.com/embed.js"></script>
<a class="m-profile" href="https://medium.com/@redonc">aller</a>

これを貼り付ければ OK なのだが、https://static.medium.com/embed.jsから、220 を検索

var z = {o:"profile", n:"collection", q:"story"};
y.prototype.j = function(a) {
  var b = a.data && a.data.split("::");
  b && "m" == b[0] && b[1] == this.i && a.origin == this.k && (a = "display: block;max-width: 100%;min-width: 220px;padding: 0;position: static;visibility: visible;", "false" !== this.g.getAttribute("data-border") && (a += "border-top-left-radius: 5px;border-top-right-radius: 5px;border-bottom-right-radius: 5px;border-bottom-left-radius: 5px;border-color: #eee #ddd #bbb;border-width: 1px;border-style: solid;box-shadow: rgba(0, 0, 0, 0.15) 0px 1px 3px;"), this.h.setAttribute("style", a), this.h.setAttribute("height", 
  b[2]));
};

自分サイトのサイドバー・ガジェットは 190px なので 150行の min-width: 220px; を 190px に修正
修正したファイルをサイト・サーバにアップ Movable Type の管理画面で、新規ウィジェット Medium を作る

<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Page">
    <h3 class="widget-header">Medium</h3>
    <div class="widget-medium">
	   <script async src="http://midforce.net/path/embed.js">
	   </script><a class="m-profile" href="https://medium.com/@redonc">aller</a>
    </div>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>

これで OK

SyntaxHighlighter の動きが変なので、CKEditor を停止して様子を見ようと思い、設定を変更。
ところが新規記事の制作で何も反応しなくなった。
他にも動きが変、再インストールしようと思い、調べたら 6.0.2 に成っていた。
ちょうど良い機会なので、そっくりアップした。

例によって、あちこち変更とか修正とか忘れて、様子を見ながら手を入れて、取りあえずOK。

SyntaxHighlighter の動きが変なので、CKEditor を停止して様子を見ようと思い、設定を変更。
ところが新規記事の制作で何も反応しなくなった。
他にも動きが変、再インストールしようと思い、調べたら 6.0.2 に成っていた。
ちょうど良い機会なので、そっくりアップした。

例によって、あちこち変更とか修正とか忘れて、様子を見ながら手を入れて、取りあえずOK。

SSH の使い方を忘れてしまった、mintty を入れ直してみて、様子を見る。

http://sourceforge.net/projects/mingw/files/Installer/mingw-get-inst/
から mingw-get-inst-20120426.exe をダウンロード
のはずが、ファイルが無く、setup.exe とかに成っている。

バックアップから復元して、LINUX コマンドでサイトを復元した。
普通の FTP では量が多すぎて、途中で途切れてしまう。

MINGW32
ssh hoge@ssh**.heteml.jp -p 2222
************
cd web
ls -a
cd midforce
$ zip -r midforce.zip ./midforce/

「ATOK Pad」とは、簡単操作で表示でき、ATOKと連携して入力できるメモツールです。
複数のメモを作成でき、入力したメモをTwitterにツイートしたり、Evernoteとメモを同期することができます。

面白そうなのでインストールしたい、と思ったら ATOK がインストールしていないと動かない。
ATOK 懐かしい、三十年以上前には使っていた。FEP と云うことで、他にも VJE WXG 松茸 など、意味も無く各種そろえて、遊んでいた。

今は、日本語に拘りを持つ、文学系・作家の人達に愛用されているらしい。
ATOK を取りあえずインストールして、早速試してみると、面白いようにサクサク使える。
さすが、期待を裏切らない。

本題の、ってコスト的には本末転倒に成ってしまうが、ATOK Pad をインストール。これが少し分かりづらい。
Win7 ATOK 2014 で使いたい場合では、ATOK Pad for Windows [ベータ6] からダウンロードしてインストールする。
これが 苦手な Evernote と連携している、したく無ければそれでも良いみたいだけど。Evernote が話題になり始めの頃、アカウントを多く使って、ゴチャゴチャにしてしまって、あと字体と画面のレイアウトがどうも自分の感性に馴染まない。

取りあえず、便利かどうか使ってみよう。

atok1.PNG atok2.PNG

ImgBurn_2.5.8.0

| コメント(0) | トラックバック(0)
ImgBurn を説明しているページは色々有るが、Fileforum のページから SetupImgBurn_2.5.8.0.exe をダウンロードする。
 
imgburn1.jpg
 
他の所からでは imgburn-2.5.8.0.exe で、結局上手く行かなかった。
実行すると何か聞いてきたりするが、取りあえず全部 OK または YES で進める。セキュリティソフトは実行したままにする。
 
日本語化工房 からファイルを取りこんで、Languages フォルダ内にコピーして日本語化する。
hao123  speedpc なんとか は後でアンインストールする。
 
Facebook に Google+ の投稿を表示する。
 
たまたま、ゲームで 「キャンディークラッシュ」 が相当な人気らしい、ので試してみた。
これが微妙な難易度で、普段は全くゲームには無関心だったが、面白い。
 
Facebook はボチボチする程度なので、滅多にあちこち散策しない。ゲームをするのに探していたら、Google+ の投稿を Facebook に表示する アプリが有る。
何かと連携するのが面白く、色々としている。
 
さっそく試してみる事にしたが、G+ の ID をユーザー名に変更していて、設定が出来ない。
ずいぶん前の事だったので、詳しい事は忘れてしまった。gplus.to/username では無く たしか Google+ の正式サービスで取った記憶がする。
 
調べたら、「Google+ カスタム URL スタート ガイド」 の方法で取得したアドレスで、アカウント ID が表示されない。
 
念のため、アカウント管理ソフトを調べたら、記録されていた。思わぬところで必要になると思って、何でも記録しておいて正解 (^_^) 
 
fb-Gplu.PNG

ジオターゲティング

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

Medium

Recommend

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.2
  

最近のコメント

アイテム

  • float.PNG
  • g+b.PNG
  • mt.PNG
  • atok2.PNG
  • atok1.PNG
  • me2.PNG
  • me1.PNG
  • imgburn1.jpg
  • fb-Gplu.PNG
  • creative.PNG

Hatena