2007年5月アーカイブ

我が家の玄関先にツバメが巣を作っていた。
最初の頃は卵を産んで、雛も孵って元気に巣立っていった。
微笑ましく思っていたが、ここ数年はカラスがやって来て、ツバメの巣を壊して、落下したヒナやタマゴを食べちゃう様なんです。

自然界の法則なんで、仕方が無いんですが、出来ればカラスには他の方法を取ってもらった方が・・・・

色々調べたら、すだれなんかを下げると効果的らしいです。
ツバメは敏捷で、小さいので、ツバメ返しと言うくらいですから、問題なく巣に行くことが出来ます。
カラスなどは、一旦近くの足場に寄ってから斜め下とか、横方向から狙うようです。

30cm位の隙間の遮蔽物を作れば、カラスは行くことが出来ないらしいので、針金で工作しました。

tubame2.jpg

tubame1.jpg

環境が変化すると、巣作りしてくれないかも。
昨日は、出かけようとして、少し家から離れた状態で車から見たら、ツバメが針金にチョコンと止まってました。
暫く様子を見てみましょう。

USBでトラブル

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近は何でもUSB接続で、メモリを始め各種周辺機器はほとんどUSBで接続。

最近PCの調子が悪くなって、HDDを交換した。ついでにUSB端子が1.1なので、
2.0を4口増設する拡張ボードを付けた。

DVDをPCのドライブから再生して、映像出力端子からTVに画像を表示させていた。
これが出来なくなってしまった。

自分のNECのPCでは、「画面のプロパティ」での設定が必要で、TwinView モード「クローン」を (オン)にする。Rundll32.exeで問題が発生した、とのエラー メッセージが表示され、設定出来なくなってしまった。

USBとRundll32.exeをキーワードで検索した。

USB デバイスをコンピュータから取り外す前には必ず、ハードウェアの追加ウィ
ザード、または通知領域の [ハードウェアの安全な取り外し] アイコンを使用し
て、デバイス マネージャから USB デバイスを削除してください。USB デバイス
を安全でない方法で削除すると、データが失われることや、コンピュータまたは
デバイスが正常に機能しなくなることがあります。コンピュータからデバイスを
適切に削除することにより、このような危険を回避できます。

すべての USB コントローラを削除して再インストールする
すべての USB コントローラを削除して再インストールするには、次の手順を実
行します。
1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
2. [システム] をダブルクリックし、[ハードウェア] タブをクリックします。
3. [デバイス マネージャ] をクリックします。
4. [USB (Universal Serial Bus) コントローラ] を展開します。
5. [USB (Universal Serial Bus) コントローラ] の下の各デバイスを 1 つずつ
右クリックし、[削除] をクリックします。デバイスは、一度に 1 つずつしか削
除できません。
6. コンピュータを再起動し、USB コントローラを再インストールします。
7. リムーバブル USB 記憶装置デバイスを接続して、問題が解決されているかど
うかをテストします。

などを参考に、デバイスドライバをまず一つ外した、とたんにマウスが利かなくなった。
マウスが一番メインと考え、本体のUSBコネクタに接続していたので、これが最初に動かない。
仕方が無いので、リセットしたらポインタは全く反応しないまま、放っていたら次々と全部のUSBドライバが更新されていった、メデタシメデタシ。(^_^)

PCからTVに画像を表示させる機能も直っていた。
キーボードもUSB接続で、これもいくらか反応が良くなって、結局USBが色々わざわっていた様だ。

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena