2007年8月アーカイブ

earset2.jpg携帯電話は持っていても殆んど使わないが、いざ使うと成った時にはベンリで、出来るだけ使いやすい様にしたいとこだわってしまう。

わがままと言えばそうなんだけど、車で移動中でも使いやすい様に、ハンズフリーにしていて、歩きで移動中でも、使う可能性が有る時にはヘッドセットで対応する。

携帯はノキアを使っていて、ハンズフリーでボイスタグで発信できる。以前は702NKで、今はN73(705NK)に成っている。

前より音声認識が良くなっているし、音もクリアに成っていると思う。ヘッドセットはノキアのHS-4Wで、結構使いやすいと思っている。

CNET Japan によると、Bang & Olufsen EarSet 2 (Bluetoothヘッドセット)が発売されたようだ。

記事を読んでみるとかなりそそられる。でもたまにしか使わないので、今ので我慢するかな・・・・

 

 

富岡製糸場

| コメント(0) | トラックバック(0)

国指定重要文化財で、世界遺産暫定リスト国内決定と言うことで話題に成った、富岡製糸場を見学した。

子供の頃、友人の親戚が製糸場に勤めていて、サイクリングを兼ねて遊びに行き、見学をした事があった。
もう40年以上前の事で、細かな事は忘れてしまったが、当時はまだ観光的要素は無く、関係者の紹介と言う事で、操業中で有ったにもかかわらず、特別に色々見る事が出来た。

確か天皇陛下が来て、泊まったとかで、休憩したのかな、その部屋の跡を見た記憶がある。
整備されていなくて、ただ部屋が有って、内部の様子をそのまま保存して有っただけとの印象が有った。
今となっては、公開されておらず、貴重な体験をした事になる。

今回改めて見に行ったが、歴史的遺産の建造物を見る訳で、観光的な要素は少ない。
日本の近代国家への礎が群馬の地に有った、その事に改めて思いを巡らせてみた。

 

東繭倉庫入り口

souko.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口の上に「明治五年」の文字

irikuti.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西繭倉庫

souko2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

操糸機械

kikai.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙突

entotu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Templatetags

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブログのページ全体的な構成は、操作メニュー→デザインを選んで、テンプレートとかスタイル・ウィジェットを編集する事になる。

ウィジェットの概念がまだ良く分からないので、これから研究してみるが、取り合えず従来のページを再現する事にした。

ブログパーツを少し貼り付けているので、まずはサイドバーの部分を再現する。カウンターを入れてみると多少位置が思った所と違う。
これは簡単に修正できた。

サイドバーに「ランダムな画像」を表示していて、これが手こずった。

サイドバーを、いわゆるトップページだけに表示させたい場合は、
<MTIf name="main_index">
表示させたい内容
</MTIf>

と書く。

ブログパーツを貼り付ける時、パスに気を付けないと表示されない。
旧バージョンでは、直にホストからの相対URLを書いていて、うまく行っていても、今回はNGだった。
さらに、絶対URLと相対URLが混在している場合、ダメだった。

パスを <$MTBlogURL> に統一して初めてOKと成った。

各部の整合性をしっかり保つ必要が有りそうです。


Movable Type 4 では今までと違うユーザインターフェースで、WYSIWYGエディター、ウェブサイト管理システム(CMS)、がキーワードと成って開発されたようです。

初めて見たときはどうしようかと、戸惑ってしまって、取り合えず従来の感覚で編集してみたら、まるっきり上手く行かない。
編集その物が画面上から出来るようだが、どうも馴染めない。

ヘッダー部分、サイドバー部分、本文の部分とそれぞれ別々に編集するように成っていて、全体の構成を一気に変えようとすると失敗する。

「テンプレートを編集」の画面で、「ファイルへのリンク」がキーワードだった。
今までのバージョンでも有ったようだが、気にしていなかった。

小粋空間: 「このテンプレートにリンクするファイル」の使い方 for Movable Type、を参考に各部を編集してOK
結構便利だ。

 

Movable Type 4.0

| コメント(0) | トラックバック(0)


Movable Type 4.0 の製品版がリリースされたので、早速インストールしてみた。

従来バージョンアップの際には、多少引っかかってしまう場合が多かったので、データをバックアップして新規インストールしていた。

今回の場合、大分変更が多そうなので新規インストールを勧めている。
実際に作業を始めてみたら、「インストールウィザード」を使っていて、簡単と言えば簡単なのだが、旧タイプの作業に馴染んでいた者にとっては、分かりづらい。

データを復元してみたら、所々で文字化け発生。記事を書き込む際にカテゴリの指定をし忘れて、後で直したりした場合など、その部分が文字化けしているようだ。文字コードをUTF-8にしてやり直したらうまく行った。
サーバのデフォルトの文字コードとか、データベースの文字コードとか、複雑に関連しているようだ。

 

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena