2008年2月アーカイブ

爪ヤスリ

| コメント(0) | トラックバック(0)
ducato.jpg

長年、足の親指の巻き爪で悩んでいた。

足指が圧迫されて、爪の内面が内出血してしまった。仕方が無いので皮膚科に行って治療を始めたが、足の爪が水虫で、それも悪影響していたようだ。

爪が水虫で弱くなっていて、巻き込んでいる部分をベリベリと剥がしてしまって、少し硬い部分が刺さりそうに成っている部分はゴリゴリと削ったり、専門のニッパーで切ってしまう。

結構痛い (T_T)

その後、水虫が徐々に治って来ると、新しくしっかりした爪の部分が当たって痛くなってくる。

それでまた、ゴリゴリ・ベリベリ。涙が出るほど痛い、麻酔をすると何か大変な事だそうで、メスで切る場合には麻酔になる様だ。

 

爪が当たらないように、自分でニッパー(爪きり用)とかヤスリを使ったりして、出来るだけ何とか対応している。

で、ヤスリも金属製?(写真・上)のを使っていたが、出来るだけ爪の根っこの所を削りたいんだけど、先端部分の鋭角に成っている所はヤスリ状に成っていない。

たまたま、サティの化粧品コーナーのネイルケアで見つけた。セラミック製だそうで、端までヤスリ状に成っている。これから使ってみるのが楽しみだ。

ギターを弾く人などは色々研究しているようだ、たまたま小粋空間でも発見した。巻き爪で悩んでいる人も多いと思う。

写真下のピンクのがシャンティ(Chantilly)デュカート(Ducato)セラミックファイル

 


scon2.jpg KURO-BOX/PRO 専用シリアルコンソールキット SCON-KIT/PRO は、
申し訳程度に「玄人志向」のロゴのシールが貼って有って、USB TypeA コネクタに基板が付いているだけ。

SCON-KIT/PRO のクイックマニュアルによると、「基板剥き出しの製品のため、静電気等に十分注意してください」
と書いてある。ケースが無いから機械的な強度にも心配がある。

ケースを作ってみた。
USBメモリと大きさを比べてみるとほぼ大きさが同じで、少し大きめな印鑑ケースを100円ショップで買った。 

kuro2.jpgノウハウ本二冊とウェブを参考資料として取り掛かり始めたが、それぞれ手法が少し違う。

HDDを最初から付けて動作させる方法は書いて無い。

玄人志向特設ページによると、
「カーネルの入替えを実験される場合は、まずu-bootに関して情報を得てください。
次に確実に起動するHDD環境を予備として作成し、別のHDD環境で実験を行ってください。」
と書いてある。

新品のHDDを先に買ってしまっているし、別のHDDなんて持っていない。出来るだけ早く動作確認しないと初期不良の場合のクレームが付けられなく成ってしまう。

色々検討して、何とか自分なりに手法を考えた。

SCON-KIT/PRO

| コメント(0) | トラックバック(0)
scon.jpg

標準で一応入っているDebian(ファームウェア)でも、機能的にはNASとか出来るので、それでも良いんだけど、もう一歩突っ込んだ使い方をしようとすると、ノウハウ本に有る「ハックキット」なる物を入れる必要が有る。

または、もう一冊あるノウハウ本での説明でも同様の事が書いて有るが、さらに突っ込んだ手法でのカスタマイズ法が書いてある。

HDDを一度でも玄箱に接続して動かすと、パーティション情報の消去処理が必要になる、との事で、これがかなり難しいらしい。

SCON-KIT/PROはいずれにしても使うことに成りそうだけど、取り合えず、すぐにどうのこうのという事では無いらしい。

すぐに必要なのかと思い、あわててネット通販で、至急便で取り寄せたが、高く付いてしまった。じっくり調べてからにすれば良かった。

後の祭りで、結局今日は何も着手出来ない (^^ゞ もう一つ安いHDDを買って、標準のやり方と、カスタマイズのやり方と、両方してみようかな。ってHDDを差し替えれば出来るのか? (-_-;)

玄箱PRO

| コメント(0) | トラックバック(0)

kuro.jpg今主力で使っているPCをそろそろ新しくしようと思っているが、Vsita SP1 が出るまで我慢しようと思っている。

Ubuntuに興味を持って、デュアルブートにチャレンジしたが、結局BIOSで上手く行かない。いわゆるメーカー製のでは、BOOTを選択するのが難しい。バリバリのWin Vsita 機を買っても、BIOSがどうだか、Linuxでどこまで認識するか分からない。

と言うことで、WinとLinux はそれぞれ別に動かす事にした。

超低スペックPCにLinuxをインストールしようと悪戦苦闘して、結局Debianがかろうじて入れる事が出来た。と言ってもカーネルのみで、エラー続出、はたして実際何か動かす事が出来るかどうか?

で、Debian系に興味が有ったので、玄箱成るものに関心を持った。で、ついにKURO-BOX/PROを購入。

事前に雑誌から情報を得て、さらにノウハウ本も買って、何とか成るだろうと、近くのPCショップへ出かけた。

本体は市場価格とそんなに変わらず、でもHDDが高く付いた。色々いじるにはSCON-KIT/PROが必要なんだけど、これが在庫が無い。仕方が無いのでネット通販で買う事にした。これが到着してから着手する事にした。

HDDに何か入れた後だとややこしい事に成るらしい、ノウハウ本頼りなので、自分なりに想定したやり方に固執してしまう。訳の分かった方からすれば、無駄な事が有ったり、馬鹿馬鹿しかったり、と思うけど仕方が無い。

これが自分流のスキルアップと思っている。

 

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena