2008年6月アーカイブ

Win系CMSツール

| コメント(2) | トラックバック(0)

先月中旬くらいからずーっと体調が悪く、長期休暇にしている。今まで中々まとまった時間が取れず、HPを中心とした気になるプログラムなどに手を出したくても着手出来なかった。

PCに集中しているとストレスが災い、持病のめまいが出てしまう。この所天気も思った以上良い状態が続いていて、絶好のチャンス。この機会を逃すと自分の思っている事が出来ない。

以前からの趣味繋がりで、HPを更新したり新たなWebプログラムを使ったりしている方が数人いらして、モチベーションが有った。

今使っているのは、もうポピュラーというか、いじればそれなりに表現の広がったHPを構築できる、Movable Type を使っているが、どうも新し物好きというか、ほかの人が何か始めると真似をしたくなる。

最近というか、この所感じるのは、今まで以上にユーザーインターフェースが重視されて来ていて、HPその物も見てくれる人に好印象を持ってもらえる、あるいはWebプログラムその物をいかに操作するか、という事にウェイトが置かれて来ている。

ブログからCMSの世界に入ってきて、そういった印象を持つように成ってきて、たまたまDotNetNuke に関心を持った。

今までは、Unix系の世界でいろいろ試してきていたが、今回はWin系の世界だ、まったく違う。普通のアプリユーザでは特に感じる事は無いと思うが、そこから一歩踏み込んでサーバがらみの世界では、いきなりプロの世界だった。

Unix系ではフリーが基本で、アマチュアとしてはそれが魅力で手を出していく。アマチュアに分かりやすい解説本など出ていて、資料もそれぞれのレベルで豊富に有る。

サーバ関連では、個人で手を出せるのはまずフリーのUnix系で、Win系は余りにも価格が高すぎて手が出ない。最初からWin系はプロが相手だ。ある程度の企業ならサーバは殆んどWin系だと思う。

今回、今までにない苦労をしてようやっとWin系Webアプリをサーバにアップ出来た。まだ始まったばかりで、個人的な感想としては、プログラム(アプリケーションソフト)それ自体をサーバにインストールしたりするのは難しいが、UI(ユーザーインターフェース)は良いと思う。 

HD-HLAN160.jpg5月中旬以降、梅雨で気温が低く成ったり低気圧で体調が思わしくない状態が続いていた。仕事もほとんど行かない状況だったので、思い切って梅雨明けまで連続休暇にする事にした。

そう決めてから不思議と天気が良い日が続いて、普段ならPCに集中しているとストレスで病気(めまい)が出て来てしまうので、カミさんから禁止命令が出てしまう。

具合が悪くなっても、家にいて仕事に出る訳では無いので差し支えない。

この所ずーっとPC三昧の状態。

WinのWebアプリに集中していたが、なかなか手ごわくて、ちょっと他の事に手を出して気分転換。

外付けHDDのファンの音が最近ばかにうるさい。少し前に掃除機でファンの所とか隙間の辺りを掃除した、でも殆んど変化無い。

隙間を良く見てみると、綿ぼこり状のが取りきれて無い。ピンセットで少し取れたがまだ中の方に残っている。これは分解して奥に有るゴミを掃除するしか無いと思った。

使っている外付けHDDはバッファローのHD-H160LAN、「LinkStation/玄箱 をハックしよう」で著名な山下氏のHPを参考にバラして掃除した。

嘘のように静かに成った、まるで新品状態 (^^)

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena