2011年7月アーカイブ

この所する事が多くあって、MT5 へなかなかバージョンアップ出来なかった。いつもの事ながらカスタマイズした部分で引っ掛かってしまって、時間が掛かってしまう。

 
今回も少し内部構造が変化している。
システムに入って、デザイン → テンプレート で、グローバルテンプレートの管理がかなり違う。
 
昔のスタイルシートを使っているので、これもブログ管理ページのデザイン → テーマへ、探して入れる様にしないと正常に反映されない。
 
zenback は、再構築する前に zenback をインストールしておく。
ココをクリックして出てきたページの、「外部ウェブサービス連携」をクリックして zenback の項目を見つける、そこの下の部分に小さく「ダウンロード」が有るのでクリックする。
 
prototype-1.6.0.3.js  を探して ウェブサイト・トップに入れる。
 
CKEditor を再インストールする、「気分はいつでも日曜日」で発見したが、StaticWebPath の書き方に注意する。
 
カテゴリで Movable Type 関連を、カテゴリ名 mt にしていたら、ディレクトリが被ってしまう。サーチエンジンで自分のサイトが載っていたりすると、アクセス出来ない。
違う mtp にした。

Gmail Labs

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回 Google Apps Gears で、ローカル操作出来ると思い試したが、

「オフライン Gmail のインストール」
注: オフライン Gmail は、Microsoft Internet Explorer 7.0 や 8.0 と Mozilla Firefox 3.0~3.6 に限って利用できます。
 
と言う事でNG、説明をアチコチ探していたら、Gmail Labs の機能を発見。Gmail の設定画面で Labs をクリックすると色々と機能が出て来る。

Google Apps Gears

| コメント(0) | トラックバック(0)
クラウドもどきの導入が、取りあえず出来て、あとは現場の使う人からのリアクション、質問などの対応でOKと成った。
気分が落ち着いて、やっと本来のシステム構築に着手、導入はもう既に半分の上出来ていて、
と言うか後は殆ど設定だけ。でも、これが細かいし分かりづらい。
 
ドキュメントが一番重視しているが、さっきまで触っていたが、ダイレクト感が無い。って何を言いたいかって、ウェブ上で直接編集出来るし Word Excel などは殆ど互換性が有る、と勝手に解釈していたが、それ程でも無いみたい。
良く訓練してからで無いと、クライアントに提示できない。練習するのに良さそうなのが有った。
 
Google Apps Gears でローカル側、自分のPC上で触れるらしい。これで動作確認を十分に試す事にした。
 
*現在この機能はストップしている事が分かった。
 
http://journal.mycom.co.jp/series/googleapps/023/index.html

UQ WiMAX2

| コメント(0) | トラックバック(0)
従来のモバイルWiMAXと互換性を保ちながら高速性、周波数帯域が40MHzで
下り最大330Mbps、20MHzで最大165Mpbsの通信速度を実現。
 
時代は高速無線通信の時代へ、インターネットも有線接続から無線接続へ行くと思う。
SOHO でも LAN が 1Gbps 以上へすると成ると、有線ケーブルでは、CAT7 ではアースの問題が有る。
コストの問題も有って、自宅では CAT6e を採用している。
 
無線でも、ノイズ対策とかデーター漏洩・セキュリティ対策が取れれば、一々物理的に有線を取り回す必要が無くなり、ルーター機能付きで小型のアクセスポイント・モバイルルーターを採用する方向に成って来ると思う。
 
 
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/07/06/wimax2/index.html

Office 365

| コメント(0) | トラックバック(0)
小規模なクラウドを導入する構想で検討していたが、現状ですぐ使える手法を考える必要が有ったので、暫定的に使える方法を取る事にした。
ファイルその物をサーバー上に置いて、出先で直接PCにダウンローしてファイルを操作・編集。
それをサーバーにアップロードして、ベースPC(会社)で確認。
 
超原始的な手法で、間に合わせ的で有るが、すぐに使う必要が有るため、本意ではないがこれで行くしかない。
幸いな事に、利用するサーバー(レンタル)では、ドメイン毎に個別FTPアカウントを発行出来て、ウェブアクセス可能。
これなら手間は掛かるが、新たにシステム構築の必要は無くて、操作も特に変わった事を覚える必要が無い。
 
暫定なので、将来的にはミニクラウドで行きたい。Google Apps が第一候補で、Windows Azure、Microsoft Office Web Apps、などが有るが何れも一長一短。
導入する選択は難しい。
 
Office 365 も興味が引かれる、iPad でもそこそこ行けるらしい ASCII.jp 「話題の「Office 365」をiPadで使ってみた!!」
 
 
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/29/072/index.html

Google Apps

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前からクラウドに関心が有ったが、今回ホームページ制作依頼をきっかけにして、データベースからクラウドシステム構築の話に発展して来た。

将来的には、相当大規模なシステムに成ると言う事で、そこまで行くと、とても自分の手に負える事では無くなってくる。
 
とりあえず現状の状態で小規模で、テスト的に構築するする事になったが悪戦苦闘している。今の状況では、本業の合間にしている訳で、夜寝るまで休み無くPCと向き合っている、今日も休みでは有ったが、Google Apps のメールシステムの検証作業をしていた。
それ程詰めた内容では無いけど、本当はゆっくり休むつもりだったが、それも叶わない。
 
先月は目一杯集中して、ボロボロ状態、ちょっと休ませてもらう予定を報告しているけど、完全には手を離せない。
 
それはショウガナイとして、小規模のクラウドシステムとして、実験的に Google Apps を使って構築してみたが、これで無料?!
驚いてしまった。
 
営業部門の人が、出先でプレゼンなり商談するために、EP121 を導入したが、自分はまだ検討中だったので、知らないうちに購入していた。
クラウドシステムをフルに利用できれば、Win 系のPCで無くてもOKな訳で、自分的には iPad2 を考えていた。プレゼンするのにも、見た目がスッキリしていてハッタリが効く。
機種変更の事も考慮し始めているようで、もしそう成れば勧めていた自分の責任が重大で、また悩んでしまう。
 
増設するサイトには、Flash を効かせた凝ったのを想定していたが、難しい状況に成って来た。HTML5 に取り組んでモノにしないと、構想が崩れてしまう。
頭の痛い事がどんどん出て来てしまう。
 
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/07/01/009/index.html

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena