2013年2月アーカイブ

Bitcasa 問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

パソコンを立ち上げたら動作異常で試行錯誤した。 

本来は Windows Aero 機能で半透明のところが、タスクバーの部分が薄青色で、ブラウザなどのウィンドウ・タイトル部分が青色。 
ブラウザが、Chrome は少し引っかかる、Firefox・IE がまともに動かず。
 
原因を考えてみた、思い当たるのは Bitcasa。 
Bitcasa を使っていて、メモリを異常に消費する、重たい、操作間違いによりトラブル発生、などで暫く使用していなかった。
使いたいファイルが HDD に無い。もしかしてと思って Bitcasa で探したら有った。 
それは良かったが、その時に Bitcasa のストレージにアクセスすると、引っかかって変な動きをした。
 
他に思い当たる所は無いので、Bitcasa をアンインストール、これが異常に時間が掛かった。
再起動しても変化が無いので、Bitcasa をインストールし直しして、Revo Uninstaller を導入し、試したがプログラムリストに無い。
 
コントロールパネル → システムとセキュリティ → 問題の発見と解決 → デスクトップのカスタマイズ → Aero デスクトップ効果の表示、では問題を特定できませんでした、とかで特に異常無い。さらに、その他のオプションを参照する、などから、どうもドライブ情報に問題が有るらしい。
 
そこで、先ほどの「その他のオプションを参照する」から回復を試みる。
「システムの復元」で元に戻った。
 
念のためにコントロールパネルからプログラムのアンインストールを見ると、リストにある。そこから試したら、素直に消えた。
Revo Uninstaller では、いわゆるゴミが大量に有ったので、削除。
 
自分の環境ならではの症状かも知れないが、使いづらいしトラブルが発生したので、クラウドは他のサービスを検討する。

SyntaxHighlighter  と CKEditor 両方とも使えないかと、試行錯誤。

情報を探してみたが、否定的なものばかりだったが、一応検証してみた。
 
kwLog さんの所から SyntaxHighlighter for Movable Type をダウンロード
CKEditor for Movable Type 1.073 を公開 から CKEditor-1.074.zip をダウンロード
 
解凍して、サイトにアップロード。
 
/mt-static/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに mt-static/plugins/CKEditor
/plugins/CKEditor を、インストール先のMTに plugins/CKEditor
 
/mt-static/plugins/SyntaxHighlighter を、インストール先のMTに mt-static/plugins/SyntaxHighlighter
/plugins/SyntaxHighlighter を、インストール先のMTに plugins/SyntaxHighlighter
 
ファイル数・サイズが大きいので、FTPでは難しいと思うが、ZIPでアップして解凍の方法が使えれば、それが望ましい。
とにかく、正確に場所間違えない事。
 
Movable Type 5.2 から、リッチテキストエディタとしてTinyMCEが正式採用されている。
CKEditorに戻したい場合には、[システム]-[ツール]-[プラグイン]でTinyMCEを[無効]に設定。
 
再構築、上手く行かない場合では、一つ一つ正確に入れて、その度に再構築してみる。
取りあえず、テストでは上手く行った。

CSSでリンクの文字と下線の間隔(スペース)が少なくて、気になった。
小粋空間で発見したソースを少しアレンジして、試してみた。

text-decoration: none;
border-bottom: 1px solid;
padding-bottom: 1px;

これをベースにして、

デザイン → テンプレート → スタイルシート
@import url(/mt/mt-static/themes-base/blog.css);
@import url(/mt/mt-static/support/themes/cityscape-houston/cityscape-houston.css);

から

blog.css

.asset-body a:link {
text-decoration: none;
border-bottom: 1px solid;
padding-bottom: 0.1mm;
}

.asset-body a:hover {
text-decoration: none;
border-bottom: none;
}


.widget-content a:hover {
text-decoration: none;
border-bottom: 1px solid;
}

cityscape-houston.css

#header a {
text-decoration: none;
}

#header a:hover {
text-decoration: none;
border-bottom: 1px solid;
padding-bottom: 0.1mm;
}

とした。
ウィジェットで少し変な所が有るが、ほとんどOK

.widget-content a:hover {
text-decoration: underline;
}

arrow03_02.gif この方が良いみたい

カスタマイズする個所が、複雑に成るので、オリジナルは必ずバックアップしておく。

今回は、手順を少し変えたせいか、手間取った。
FTPクライアントでファイルが削除できないSyntaxHighlighter が動かない、などなど。

自分の環境だけだけど、手順をしっかり把握していないと上手く行かないので、メモとしてアップしておく。

まずは、バックアップ。
ブログの完全バックアップと、データベースのバックアップ
phpMyAdmin を利用したデータベースのバックアップ
テンプレートの編集と設定

スタイルシート
@import url(/mt/mt-static/themes-base/blog.css);

ツール プラグイン のバックアップ
/mt/mat-static/plugins
/mt/plugins

Movable Type 個人無償版ウンロード

Zipファイルをサイトトップにアップロードし、それを解凍
mt を mt-- にリネーム、解凍したフォルダを mt にリネーム

ローカルにダウンロードしたフォルダで
/mt/mat-static/plugins
/mt/plugins
サーバに無いフォルダをアップロード

/mt/plugins/BayesSpamFilter/debug_log.cgi
/mt/plugins/BayesSpamFilter/ham/_ham_log.cgi
/mt/plugins/BayesSpamFilter/spam/*.cgi
/mt/plugins/RealtimeRebuild/mt-realtime-rebuild.cgi
/mt/*.cgi

パーミッションを 700 に変更

/mt/mt-static/themes-base/blog.css
アップロード

/mt/mt.cgi にアクセス
必要な Perl モジュールのインストール方法、システム情報の確認

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena

アイテム

  • arrow03_02.gif