2015年11月アーカイブ

Movable Type 6.06 からアップグレードした。

今までのサイトのデータベースをダウンロードする。

phpMyAdmin のデータベースの、オーバーヘッドを「テーブルを最適化します。」を実行する。
ダウンロードしたファイルをエディタで開いて、

/home/sites/heteml/users52/a/l/l/account/web/site_name
を必要に応じて
/home/account/www/site_name
置換しておく。
管理者用メールアドレスも必要なら編集する。

適切な名前を付けて保存。

zip で圧縮する
hoge_site.sql の場合、hoge_site.zip と成るので、hoge_site.sql.zip とリネームしておく。
それを、新規サーバのデータベースにインポートする。

今までの構築済みサイトを、そっくりアップロードしておく。
これも、サイト全部を zip で圧縮しておいて、アップロードしておく。
サーバ上で展開する。

mt ディレクトリを消しておいて、ダウンローしておいた MT-6_2.zip をサーバーにアップロード、展開して mt にリネーム。

.cgi ファイルのパーミッションを 705 等にする。

http://mysite/mt/ で管理画面に入る、インスタンスと言うか痕跡が災うので、ユーザー名とパスワードは、前に使用していたのを、そのまま使うのが良いみたい。

システムから、設定 → 全般 全般設定 → 公開パス などを確認しておく。
アップロードの項目で、アップロード先 <ブログパス>/images 等と入れておくと、画像を記事に入れる時に便利。

参照 phpMyAdminでMySQLデータベースのエクスポートとインポート
    phpMyAdminでのサーバ間データ移行
    phpMyAdminを使って、MySQLデータベースのオーバーヘッドを最適化

サーバーその物を移設して、色々引っ掛かってしまっていた。

ようやく解決したので以前からアップデートしようと思っていたので、取りあえず Movable Type 6.2 にアップデートした。

Movable Type 6.2 リリースノート

Movable Type 個人無償版ダウンロード

以前から色々とカスタマイズしていたのが動かない、取りあえず外して、これから落ち着いて対応してみよう。

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena