TT250R フューエルコック

| コメント(0) | トラックバック(0)

キャブのオーバーホールは完了していて、どうせならタンクとコックを綺麗にする事にした。
ガソリンをタンクから全部抜こうとしたが少しだけ残っている。
タンクを揺すっても回しても出きらない。取り合えずフューエルコックを外して綺麗にする事にした。

strainer.jpg

コックを外したらタンクに残っていたガソリンを・・・


全部出すことが出来た。フューエルストレーナーを良く見るとリザーブの位置でもタンクの底面より少し位置が高い。
これでは全部出きらない訳だ。

コックとストレーナーを綺麗にして組んだら何か動きが渋い。
リング状のバネと摘みにグリスを少し付けたら良くなった。基本的な事を忘れていた。

新しいガソリンを入れてコックをONにしたら勢い良くガソリンが出てきた、これで燃料系はバッチリOKだ。

TT250Rのリアショックをオーバーホールが出来上がっていて、取り付けようとしたらリンクしているリレーアームが汚れている。
きれいにしてグリスを付けようと触ってみたら、べっ甲色した細いすじ状のプラスチックが出てきた。

ゴミにしては形が整っていて、なんか変だなーと思ってサービスマニュアルを見たが特に書いてない。
年度別の追補版を見たら、「ポリルーブベアリング」だそうで、破損した場合は新品交換の必要が有るとの事。
取り合えずバイクショップにリレーアームを持っていって、必要ならベアリングの打ち替えを頼んだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://midforce.net/mt/mt-tb.cgi/363

コメントする

ALLER's Website

Secondary Site

BBS

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.3.2

Hatena

アイテム

  • IMG_0015 (2).JPG
  • mi7beta.PNG
  • DSC00615.JPG
  • キャプチャ.PNG
  • float.PNG
  • g+b.PNG
  • mt.PNG
  • atok2.PNG
  • atok1.PNG
  • me2.PNG