Gnumeric ファイル Win Excel 互換

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC00615.JPG

Tiny Core Linux のファイルを Windows 10 の Excel で開けた。
USB を用意して予めマウントしておく。
MoutTool で sdb をクリックして、赤色から緑色にしておく。


Gnumeric で作ったファイルを、File → Save As → Places を sdb → Name abc.xls → File type を MS Excel・・・ を選択して Save。


Win で USB を確認する、abc.xls が見える。
xfe が有ると、ファイルマネージャーとして、GUI 出来るので、すっかり頭が Win モード化しているので、便利。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://midforce.net/mt/mt-tb.cgi/175

コメントする

この記事について

このページは、allerが2018年1月 1日 12:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Tiny Core Linux で Gnumeric」です。

次の記事は「linuxBean で Gnumeric」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。